納骨法要について|兵庫の霊園.com

資料請求リストに追加した霊園・墓地0

    現在リストに登録された霊園・墓地はありません。

×閉じる

納骨法要

遺骨は、葬儀後しばらくの間、自宅で安置してから、お墓に納骨することになります。この時に行うのが納骨法要です。

納骨法要は、開眼供養と同様、お坊さんに来てもらい、お経を読んでもらうことになります。
また納骨する時期は、一般的には四十九日ということが多いようですが、これも宗教宗派や地方によって異なります。
また最近では、初七日法要と一緒に行ったり、火葬後すぐに納骨することもあるようです。また家族の誰かが亡くなってから、墓地を購入した場合は、お盆やお彼岸、一周忌などに開眼法要といっしょに行うことが多いようです。

埋葬の準備

埋葬するには埋葬許可証を墓地のあるお寺か霊園の管理事務所等に提出します。この時、霊園が発行する霊園使用承諾書と印鑑も必要なので忘れないようにします。 納骨の日が決まれば、家族や親戚のほか、故人と親しかった人たちに知らせます。石材店に連絡して、既に先祖を祀っているお墓に納骨する場合は戒名などを新たに彫ってもらい、生前に建てた寿陵(ジュリョウ)墓の場合は、墓石に刻んである戒名などから、事前に朱色を取り除いてもらいます。

納骨法要

新しくお墓を建てた場合の納骨法要は、開眼法要を兼ねた形で行われます。既に先祖を祀っているお墓に納骨する場合には、納骨法要のみを行います。

納骨の作法

①本堂で読経と焼香を行う
参列者全員が本堂に集まります。仏前には遺骨が安置され、読経が行われます。僧侶の指示で、故人との血縁の濃い順、縁の深い順に、全員が焼香をします。(最近は行わないことが多いようです。特に霊園の場合は行いません。)
②お墓を清掃する
お墓の周囲の雑草やごみを掃除します。
墓石も清めます。
③墓前に供え物をする
基本的には開眼法要と変わりませんが、供え物には故人の好物も加えます。
④墓前での法要
墓前で、お墓の開眼法要(必要な場合)と納骨法要を行います。
⑤納骨
納骨室の入り口の石を取り外し、納骨します。
⑥読経と焼香
僧侶の読経の間に、参列者全員が 再び焼香をします。
⑦会食をする
三回忌くらいまでの納骨では、遺族はまだ喪服の場合も少なくありません。平服の場合は地味なものにします。